2017-08-31(Thu)

    奈落の羊 5巻36話★ネタバレ・感想



    奈落の羊/第5巻/第36話//感想・あらすじ・ネタバレ(続巻あり)/アクションコミックス





    ●ネタバレ・あらすじ●





    両親は教員、そして父親はついに教頭、母親は指導教諭・・・そんな「清く正しく美しい」家庭に育った三園先生は、ガラが「悪すぎる」ポカリに威嚇されっぱなし。



    しかも、その場にはあのユウキも登場・・・!!



    さらにさらに、、三園先生は碧依ちゃんとの話の流れで、真凜ちゃんがバックに居ることをポロリと喋ってしまって大失態。。



    「きれいな池の魚が 泥の中に住んでる ウチらのこと かわいそうって 思った?」



    「ハンパな気持ちで近寄ると 泥の中にひきずりこまれるよ 先生」と 死んだ魚のような目で言われてしまいます。



    しかも、その帰り道。。



    三園先生は、「あの男」に暴行されてしまい・・・!?





    スポンサーリンク






    ●感想●





    あーあーあーあーあー。。。



    やっぱりダメか・・・。。。物の見事に、悪党軍に完敗な三園・真凜連合軍・・・と言う感じな今話。。



    なんかね・・・モノが違うとか、格が違うとかそう言う言葉が頭をよぎるくらい、どうにもならなくなってます。。



    やっぱり真凜は「10歳」だねえ。。





    スポンサーリンク







    しかも、、、三園先生の貞操・・・。。。



    うわああ。。。。。



    その光景が・・・なんかほんと、、私怨での仕返しだから・・・なんかエグい。。。



    この漫画、ほんとに堕ちてく女が多すぎて・・・読んでてキツイ。。



    ただ、、最終的にはどんな風に話が決着するのか、そしてその「決め手」をうつのが誰なのか。。。



    交錯する人間模様と、最終的な「この展開を支配した者」の顔や「手口」が見たくて、、ついついページを読み進めてしまいます。。。


    奈落の羊 5

    奈落の羊 5




    ◆きづきあきら+サトウナンキ先生作品ネタバレ感想記事一覧 「うそつきパラドクス」・「バター猫のパラドクス」・「」・「暁の明星」(別館)


    【4】に続きます。



    sponsored link

    関連記事


    にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ



    プロフィール

    叔父ゆなきゅ

    Author:叔父ゆなきゅ
    オススメ漫画の紹介を書いてます。全部でサイトが4つあるので見分けがつきやすいように名前をちょっと変えていますが、中の人は同じです。

    ▼▼姉妹サイト▼▼

    少女漫画メインの本館
    http://yuna9.com/

    TL漫画メインの別館
    http://yuna9a.com/

    BL漫画メインの3号館
    http://aniyuna9.blog.fc2.com/

    最新記事
    本館の青年漫画記事
    -楽天-
    ランキング
    ▼少年漫画ランキング▼

    ▼青年漫画ランキング▼
    題名/あいうえお順/0は下書き中
    ★最新記事~全記事一覧★
    ★1冊丸々無料★
    ◆◆◆期限なし◆◆◆
    【第1話お試し読み】ボクはイケメン

    ヤングマガジン 2015年0号

    月刊ヤングマガジン 2015年0号

    ピアノの森 1巻

    *個人的に好きな青年漫画*
    ▼恋愛系▼
    うそつきパラドクス 1

    うそつきパラドクス 1

    バター猫のパラドクス 1

    バター猫のパラドクス 1

    クズの本懐 1巻

    クズの本懐 1巻

    ナイーヴ 完全版 1

    ナイーヴ 完全版 1

    ベイビーリーフ

    ベイビーリーフ

    Bバージン 1

    Bバージン 1

    ▼サラッとラブコメ系▼
    ああ探偵事務所 1

    ああ探偵事務所 1

    ▼冒険(?)・人間模様系▼
    ベルセルク 1

    ベルセルク 1

    自殺島 1

    自殺島 1

    3×3EYES 1巻

    3×3EYES 1巻

    ▼エ○グ○・ミステリー系▼
    当て屋の椿 1

    当て屋の椿 1

    ▼ハラハラ系▼
    奈落の羊 1

    奈落の羊 1

    ▼閲覧注意だけど響く人には響くエ○&鬱屈衝撃泥沼系!?▼
    安達哲先生は「キラキラ!」なんかも好きだったんだけど(↑対照的な程に爽やかなものの)、電子化されてないんですよね(残念)。