2016-03-30(Wed)

    【1】うそつきパラドクス/第7巻/第54・55話/ネタバレ・感想・あらすじ



    【1】うそつきパラドクス/第7巻/第54・55話//感想・あらすじ・ネタバレ




    ●ネタバレ・あらすじ●




    せっかく本心を打ち明けてくれたのに帰ろうとする栖佑を、八日堂は”もう・・・離しません”と制止して そのまま「かけおち」へ。。



    土曜の始発で、八日堂は栖佑を温泉宿へ連れて行きます。




    とは言え八日堂も何も考えていないわけでは無く、大桑に告訴されたら会社を辞めなきゃならない・・・と男湯で苦悩。。



    しかしそれでも栖佑が欲しい・・・!と思った八日堂は、部屋に戻るなり風呂上がりの栖佑をかき抱きます。。




    スポンサーリンク






    かたや、栖佑が携帯の電源を切って連絡がつかなくなった大桑は、事態を察知して猪狩舞に泣きつきコール。



    (長年一緒にいて)「誰よりも栖佑の本心が分かっている」猪狩は、大桑に攻略法を教え込んでしまいます。




    そのまた一方、二人は 浴衣姿でさらに激しく求め合ったり・乱れまくったり、楽しく観光をしたりしたけれど、、



    八日堂は栖佑が「最後の思い出作り」の為に来ていると察知済み。。




    スポンサーリンク







    ”とにかく このやり方じゃダメだ 無理矢理引き離しても 心は半分置いてきたままなんだ”



    八日堂がそう勘付きながらも栖佑を送り届けると、家には「妙案」を入手した大桑が待ち受けていて・・・。





    ●感想●





    ”栖佑さんなしでは生きられない”とか”幸せにします”とか熱~~~く・激しく情交(栖佑がそ~ゆ~体型だからにして、、、エ○杉・・・(赤面w)したあとに、、栖佑のふとしたそぶりから



    自分だけを選んでいない



    って分かっても冷静に考えられる八日堂・・・なんちゅータフネス。。これ、男女逆転したマンガだったらもっとじめっとしちゃうよね、普通の主人公なら。。。



    うそつきパラドクス 7

    うそつきパラドクス 7

    ⇒★うそつきパラドクス 無料立読み★



    ◆きづきあきら・サトウナンキ先生作品ネタバレ感想記事一覧 「バター猫のパラドクス」・「奈落の羊」・「暁の明星



    【2】に続きます。

    sponsored link

    関連記事


    にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ



    プロフィール

    叔父ゆなきゅ

    Author:叔父ゆなきゅ
    オススメ漫画の紹介を書いてます。全部でサイトが4つあるので見分けがつきやすいように名前をちょっと変えていますが、中の人は同じです。

    ▼▼姉妹サイト▼▼

    少女漫画メインの本館
    http://yuna9.com/

    TL漫画メインの別館
    http://yuna9a.com/

    BL漫画メインの3号館
    http://aniyuna9.blog.fc2.com/

    最新記事
    本館の青年漫画記事
    -楽天-
    ランキング
    ▼少年漫画ランキング▼

    ▼青年漫画ランキング▼
    題名/あいうえお順/0は下書中
    ★最新記事~全記事一覧★
    ★1冊丸々無料★
    ◆◆◆期限なし◆◆◆
    【第1話お試し読み】ボクはイケメン

    ヤングマガジン 2015年0号

    月刊ヤングマガジン 2015年0号

    ピアノの森 1巻

    *個人的に好きな青年漫画*
    ▼恋愛系▼
    うそつきパラドクス 1

    うそつきパラドクス 1

    バター猫のパラドクス 1

    バター猫のパラドクス 1

    クズの本懐 1巻

    クズの本懐 1巻

    ナイーヴ 完全版 1

    ナイーヴ 完全版 1

    ベイビーリーフ

    ベイビーリーフ

    Bバージン 1

    Bバージン 1

    ▼サラッとラブコメ系▼
    ああ探偵事務所 1

    ああ探偵事務所 1

    ▼冒険(?)・人間模様系▼
    ベルセルク 1

    ベルセルク 1

    自殺島 1

    自殺島 1

    3×3EYES 1巻

    3×3EYES 1巻

    ▼エ○グ○・怪奇謎解き系▼
    当て屋の椿 1

    当て屋の椿 1

    ▼ハラハラ系▼
    奈落の羊 1

    奈落の羊 1

    ▼閲覧注意だけど響く人には響くエ○&鬱屈衝撃泥沼系!?▼
    安達哲先生は「キラキラ!」(本館)なんかも好きだったんだけど(↑対照的な程に爽やかなものの)、電子化されてないんですよね(残念)。→ 電子化されました♪