2018-11-10(Sat)

    フリンジマン 1巻6・7話★ネタバレ・感想/青木U平




    フリンジマン/1巻6・7話/感想・あらすじ・ネタバレ//ヤングマガジン





    ●6話 ネタバレ・あらすじ●





    六本木での、ニセカレデート作戦当日。。



    田斉は待ち合わせ場所に現れた詠美が私服だと桐谷某そっくりだから、そしてそんな美人なコと一緒に食事をしているから、これはもう愛人と言っていいのではないか・・・??なんて思ったりも。



    だけどそれと同時に、「ほんのちょっと愛人」だと思っただけで、田斉は周りの目が気になってしまってしょうがなくなるのでした。



    そう、田斉は何よりチキンだし・・・実は、今日・・・嫁が友達と麻布でランチする予定だし。。



    六本木と麻布は近いようで遠いけれど、やっぱり田斉としてはすっごく危険極まりない距離だと感じてしまうのでした。





    スポンサーリンク








    するとそんな田斉を安吾たちはバカにしたものの、井伏は「戦地では臆病者ほど生き残る」と言い出し、田斉の妻のケータイに発信機をつけることを提案。。



    「愛人作り遂行に 「やりすぎ」ということはありえませんから」



    ・・・そんな断言をする井伏に見守られながら、田斉は決戦の場へと赴くのでした。



    と・・・ところが・・・。。



    とあるハプニングから、田斉は・・・詠美とデートしているこの店で、妻とニアミスする展開に・・・!?!?!?






    スポンサーリンク








    ●6・7話 感想●





    相変わらずのハイテク(?)を駆使した愛人同盟の暗躍ぶりに、ある意味感心・ある意味呆れてたらw。



    そのハイテクが裏目に出て、、、田斉は妻と鉢合わせ寸前・・・!?!?!



    でも切り抜け方が・・・・・・・・・・・・・・、、これまた井伏、、、何気にすごいかも!?w



    いや、凄いって言っても国家安泰とか世界平和とか業績向上のためじゃなくて、愛人製造のためだからな~・・・



    なんか感心しにくいんだけど(笑)。



    それでも息詰まる攻防に、何気に手に汗握ってしまいました(悔)w。









    そして、田斉の妻の顔・・・一体、いつ・・・w。




    sponsored link

    関連記事


    にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ



    プロフィール

    叔父ゆなきゅ

    Author:叔父ゆなきゅ
    オススメ漫画の紹介を書いてます。全部でサイトが4つあるので見分けがつきやすいように名前をちょっと変えていますが、中の人は同じです。

    ▼▼姉妹サイト▼▼

    少女漫画メインの本館
    http://yuna9.com/

    TL漫画メインの別館
    http://yuna9a.com/

    BL漫画メインの3号館
    http://aniyuna9.blog.fc2.com/

    最新記事
    本館の青年漫画記事
    -楽天-
    ランキング
    ▼少年漫画ランキング▼

    ▼青年漫画ランキング▼
    題名/あいうえお順/0は下書中
    ★最新記事~全記事一覧★
    ★1冊丸々無料★
    ◆◆◆期限なし◆◆◆
    【第1話お試し読み】ボクはイケメン

    ヤングマガジン 2015年0号

    月刊ヤングマガジン 2015年0号

    ピアノの森 1巻

    *個人的に好きな青年漫画*
    ▼恋愛系▼
    うそつきパラドクス 1

    うそつきパラドクス 1

    バター猫のパラドクス 1

    バター猫のパラドクス 1

    クズの本懐 1巻

    クズの本懐 1巻

    ナイーヴ 完全版 1

    ナイーヴ 完全版 1

    ベイビーリーフ

    ベイビーリーフ

    Bバージン 1

    Bバージン 1

    ▼サラッとラブコメ系▼
    ああ探偵事務所 1

    ああ探偵事務所 1

    ▼冒険(?)・人間模様系▼
    ベルセルク 1

    ベルセルク 1

    自殺島 1

    自殺島 1

    3×3EYES 1巻

    3×3EYES 1巻

    ▼エ○グ○・怪奇謎解き系▼
    当て屋の椿 1

    当て屋の椿 1

    ▼ハラハラ系▼
    奈落の羊 1

    奈落の羊 1

    ▼閲覧注意だけど響く人には響くエ○&鬱屈衝撃泥沼系!?▼
    安達哲先生は「キラキラ!」(本館)なんかも好きだったんだけど(↑対照的な程に爽やかなものの)、電子化されてないんですよね(残念)。→ 電子化されました♪