2018-12-10(Mon)

    ハレ婚。 15巻★ネタバレ・感想/NON





    ハレ婚。/15巻/感想・あらすじ・ネタバレ//ヤングマガジン





    15巻は、138~147話入り。



    ●ネタバレ・あらすじ●





    どっちの子かについて、ジョーが意味深な言葉を残して消えてしまった一方で。。



    ゆずは伊達家に残り、そのまま順調にお腹をいたわりながら生活。。



    そしてゆずの妊娠は、市長も大喜び・・・と、和やかムードに包まれたものの。。



    家族で力を合わせなきゃいけないのに一人で負担が増えてしまった小春は、ついついカリカリしてしまいます。



    でもまあ、、結局はふわっと脳な小春は、、ついに実家の店でうららと期間限定のメイド喫茶をやる展開に。




    スポンサーリンク






    かたや、鬼嫁に尻に敷かれ・すっかり育児をやらされている武田くんは、結構苦労している模様・・・!?w



    だけど龍はゆずとのデートでホテルに泊まり、、妊婦○○○を・・・!?!?!?^^;;;;;;;;;;;;;;



    ●感想●





    出会いと別れで、ちょっとしんみりしたりもした冒頭から。。



    相変わらずふり幅大きく、メイド喫茶に妊婦ほにゃららまで飛び出し、、キョーレツな第15巻。。



    「黒くなったねぇ ○○○」って、、龍・・・どSか^^;;;;;;。





    スポンサーリンク






    でもなんのかんので、龍ってば2人の女を幸せにしてるのよね・・・。。



    漫画の設定だけ見ると、女の敵みたいな勢いだけどね。。



    にしても、ほんとにゆずが子供産んだんだねえ・・・。



    ヒロインが小春だから、小春がどっちかと言うとリードと言うか、優位になるのかと思ってたんだけども。。



    すごく意外~~。



    ただなんのかんのでうまく行ってるから、いいのかねえ。。



    でもほんわかの後にはなんか起きそうで、ちょっと身構えてしまったりもします(笑)。



    ▼小春・・・??かなあ。






    sponsored link

    関連記事


    にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ



    プロフィール

    叔父ゆなきゅ

    Author:叔父ゆなきゅ
    オススメ漫画の紹介を書いてます。全部でサイトが4つあるので見分けがつきやすいように名前をちょっと変えていますが、中の人は同じです。

    ▼▼姉妹サイト▼▼

    少女漫画メインの本館
    http://yuna9.com/

    TL漫画メインの別館
    http://yuna9a.com/

    BL漫画メインの3号館
    http://aniyuna9.blog.fc2.com/

    最新記事
    本館の青年漫画記事
    -楽天-
    ランキング
    ▼少年漫画ランキング▼

    ▼青年漫画ランキング▼
    題名/あいうえお順/0は下書中
    ★最新記事~全記事一覧★
    ★1冊丸々無料★
    ◆◆◆期限なし◆◆◆
    『恋のツキ』ドラマ化記念 不倫、浮気、いけない恋 試し読み無料パック

    【第1話お試し読み】ボクはイケメン

    ヤングマガジン 2015年0号

    月刊ヤングマガジン 2015年0号

    ピアノの森 1巻

    *個人的に好きな青年漫画*
    ▼恋愛系▼
    うそつきパラドクス 1

    うそつきパラドクス 1

    バター猫のパラドクス 1

    バター猫のパラドクス 1

    クズの本懐 1巻

    クズの本懐 1巻

    ナイーヴ 完全版 1

    ナイーヴ 完全版 1

    ベイビーリーフ

    ベイビーリーフ

    Bバージン 1

    Bバージン 1

    ▼サラッとラブコメ系▼
    ああ探偵事務所 1

    ああ探偵事務所 1

    ▼冒険(?)・人間模様系▼
    ベルセルク 1

    ベルセルク 1

    自殺島 1

    自殺島 1

    3×3EYES 1巻

    3×3EYES 1巻

    デッドマン・ワンダーランド(1)

    デッドマン・ワンダーランド(1)

    ▼エ○グ○・怪奇謎解き系▼
    当て屋の椿 1

    当て屋の椿 1

    ▼ハラハラ系▼
    奈落の羊 1

    奈落の羊 1

    ▼閲覧注意だけど響く人には響くエ○&鬱屈衝撃泥沼系!?▼
    安達哲先生は「キラキラ!」(本館)なんかも好きだったんだけど(↑対照的な程に爽やかなものの)、電子化されてないんですよね(残念)。→ 電子化されました♪