2018-11-09(Fri)

    美大受験戦記 アリエネ 7巻★ネタバレ・感想/山田玲司





    美大受験戦記 アリエネ/7巻/感想・ネタバレ//週刊ビッグコミックスピリッツ





    ●ネタバレ・あらすじ●





    青木先生は、意外にも有の絵を褒めてくれるように。



    と言うのも、美大が求めている人間は「その人にしか創れないモノ」を創れる「芸術家」であって、絵が上手いだけで「自分の絵」が描けない人間は、



    入学しても「クリエイター」としては生きていけないからだそう。



    だから一定以上の技術を身に着ければ、有みたいな「自分」を持ってるバスキアボーイが一番強いとのことです。。



    でも、それを告げた青木先生は実は大阪に異動が決まっていて、有を居残らせるために深夜のアトリエを「勝手に使ってた」のが問題になったんだそう。。




    スポンサーリンク








    しかも新しい講師は、青木先生が褒めた有の絵を「中二」と切り捨て、突き放すのでした。



    さらにさらに、その頃夢は・・・芸大でひと暴れして筆を折った状態になっている、速水先生の元へ・・・!?!?!?



    その上、、夢には予備校の裏番的存在の、喜多川圭介が急接近・・・!?!?!?^^;;;



    そして喜多川が話を盛って伝えた結果、夢は弥生と有の関係に疑いを持つようになり・・・!?





    スポンサーリンク








    ●感想●





    有・夢・弥生・東山だけでなく、速水・喜多川まで加わって、恋模様はさらに混沌・・・!?



    いやそれでも猪突猛進パワーで有、頑張ってたけどねえ。。。



    喜多川は意外と、妨害能力が高い・・・!!



    しかも恋路だけじゃなくて、「美大なんかに入ったって 「夢」なんか叶わない」・「美大卒の人間のほとんどが絵とは関係ない仕事してるのに、美大受験なんか意味ない」とか揺さぶりだすし・・・。。



    かたや、、予備校でのもう一つのカオスラブは、、意外と女子の方が気高く(?)吹っ切った感じ・・・!?!?



    有と夢の正統派カップル(?)の恋の行方も気になるものの、こっちのキョーレツ凸凹ラブの結末も気になります。。(笑)




    ▼夢。





    ◆山田玲司先生作品ネタバレ感想記事一覧 Bバージン(本館)



    sponsored link

    関連記事


    にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ



    プロフィール

    叔父ゆなきゅ

    Author:叔父ゆなきゅ
    オススメ漫画の紹介を書いてます。全部でサイトが4つあるので見分けがつきやすいように名前をちょっと変えていますが、中の人は同じです。

    ▼▼姉妹サイト▼▼

    少女漫画メインの本館
    http://yuna9.com/

    TL漫画メインの別館
    http://yuna9a.com/

    BL漫画メインの3号館
    http://aniyuna9.blog.fc2.com/

    最新記事
    本館の青年漫画記事
    -楽天-
    ランキング
    ▼少年漫画ランキング▼

    ▼青年漫画ランキング▼
    題名/あいうえお順/0は下書中
    ★最新記事~全記事一覧★
    ★1冊丸々無料★
    ◆◆◆期限なし◆◆◆
    【第1話お試し読み】ボクはイケメン

    ヤングマガジン 2015年0号

    月刊ヤングマガジン 2015年0号

    ピアノの森 1巻

    *個人的に好きな青年漫画*
    ▼恋愛系▼
    うそつきパラドクス 1

    うそつきパラドクス 1

    バター猫のパラドクス 1

    バター猫のパラドクス 1

    クズの本懐 1巻

    クズの本懐 1巻

    ナイーヴ 完全版 1

    ナイーヴ 完全版 1

    ベイビーリーフ

    ベイビーリーフ

    Bバージン 1

    Bバージン 1

    ▼サラッとラブコメ系▼
    ああ探偵事務所 1

    ああ探偵事務所 1

    ▼冒険(?)・人間模様系▼
    ベルセルク 1

    ベルセルク 1

    自殺島 1

    自殺島 1

    3×3EYES 1巻

    3×3EYES 1巻

    ▼エ○グ○・怪奇謎解き系▼
    当て屋の椿 1

    当て屋の椿 1

    ▼ハラハラ系▼
    奈落の羊 1

    奈落の羊 1

    ▼閲覧注意だけど響く人には響くエ○&鬱屈衝撃泥沼系!?▼
    安達哲先生は「キラキラ!」(本館)なんかも好きだったんだけど(↑対照的な程に爽やかなものの)、電子化されてないんですよね(残念)。→ 電子化されました♪