2018-11-04(Sun)

    美大受験戦記 アリエネ 6巻★ネタバレ・感想/山田玲司




    美大受験戦記 アリエネ/6巻/感想・ネタバレ//週刊ビッグコミックスピリッツ





    ●ネタバレ・あらすじ●





    誤解が無くなり・その上夢から励まされた有は、「このひとのためなら超勉強しまくって、偏差値200はいける」と思ったんだそう^^;;;;。



    だけど余計そんな優しい夢のことばかり考えるようになっちゃったから、有は自制できるよう「心のレバー」が欲しいと騒ぎ出します。



    するとそんな愚痴を聞いていた稲葉は、「女がつきあってがっかりした男ランキング第一位は、余裕のない男だ」と指摘し、このままでは捨てられると示唆。。



    しかも稲葉は、余裕を作るためにまさかの方法まで、有に伝授するのでした^^;;。




    スポンサーリンク







    だけどそんな風にふわふわ浮わついてられるのはそこまでで、東山と弥生の横恋慕が本格化・・・!?!?!?



    さらに、有には「浪人できない家庭の事情」が発生し・・・!?!?!?^^;;



    ●感想●





    わー。弥生ってば・・・有以上の、割と脳天気なのかも・・・w。



    横恋慕な立場なのに、なんでそんなにいい方に解釈・・・(笑)。



    ああでも、こう言う「もしかしたら♡」が行きすぎちゃうのって、片想いあるあるなんだろうか^^;。



    (で、下手するとその後ド黒歴史と言う・・・)







    スポンサーリンク






    かたや、、東山は頑張ってて・・・お金ないのとか、、諸々・・・有よりはよっぽど普通の美大受験生っぽい感じかも(笑)。



    (しかも、何気にピュアじゃーん。。それなのに、諸々不憫・・・^^;;;)



    そしてそんなこんなな余波があり、どちらかが不合格になる=有と夢は別れる、それを避けたいなら本気で頑張るしかない・・・と決まったんだけど。。



    後半は、東山・有・弥生が思わぬ形で協力!?



    なんか、美術学校ならではのその辺の「現状打破」劇が、他では見れない感じで面白かったです。




    ▼有と弥生。





    ◆山田玲司先生作品ネタバレ感想記事一覧 Bバージン(本館)




    東山も、ツンケンしてる天才かと思ったら、何気に味があるかも。。




    sponsored link

    関連記事


    にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ



    プロフィール

    叔父ゆなきゅ

    Author:叔父ゆなきゅ
    オススメ漫画の紹介を書いてます。全部でサイトが4つあるので見分けがつきやすいように名前をちょっと変えていますが、中の人は同じです。

    ▼▼姉妹サイト▼▼

    少女漫画メインの本館
    http://yuna9.com/

    TL漫画メインの別館
    http://yuna9a.com/

    BL漫画メインの3号館
    http://aniyuna9.blog.fc2.com/

    最新記事
    本館の青年漫画記事
    -楽天-
    ランキング
    ▼少年漫画ランキング▼

    ▼青年漫画ランキング▼
    題名/あいうえお順/0は下書中
    ★最新記事~全記事一覧★
    ★1冊丸々無料★
    ◆◆◆期限なし◆◆◆
    【第1話お試し読み】ボクはイケメン

    ヤングマガジン 2015年0号

    月刊ヤングマガジン 2015年0号

    ピアノの森 1巻

    *個人的に好きな青年漫画*
    ▼恋愛系▼
    うそつきパラドクス 1

    うそつきパラドクス 1

    バター猫のパラドクス 1

    バター猫のパラドクス 1

    クズの本懐 1巻

    クズの本懐 1巻

    ナイーヴ 完全版 1

    ナイーヴ 完全版 1

    ベイビーリーフ

    ベイビーリーフ

    Bバージン 1

    Bバージン 1

    ▼サラッとラブコメ系▼
    ああ探偵事務所 1

    ああ探偵事務所 1

    ▼冒険(?)・人間模様系▼
    ベルセルク 1

    ベルセルク 1

    自殺島 1

    自殺島 1

    3×3EYES 1巻

    3×3EYES 1巻

    ▼エ○グ○・怪奇謎解き系▼
    当て屋の椿 1

    当て屋の椿 1

    ▼ハラハラ系▼
    奈落の羊 1

    奈落の羊 1

    ▼閲覧注意だけど響く人には響くエ○&鬱屈衝撃泥沼系!?▼
    安達哲先生は「キラキラ!」(本館)なんかも好きだったんだけど(↑対照的な程に爽やかなものの)、電子化されてないんですよね(残念)。→ 電子化されました♪