2016-03-06(Sun)

    うそつきパラドクス/第2巻/第14話/ネタバレ・感想




    うそつきパラドクス/第2巻/第14話//感想・あらすじ・ネタバレ




    ●ネタバレ・あらすじ●




    部屋に入るなり、八日堂は栖佑に濃厚にキス・そして押し倒してしまったけれど。。



    栖佑は、「これきり」の約束を再確認。



    そして、「最後までしないならいいと思ったのは、浮気にならないからじゃない。この後引き返すのは今より辛くなるが、本当に良いのか」


    的な事も改めて尋ねます。


    すると、八日堂は仕方なく合意しながらも、「名古屋と別れない限りは」と条件を追加して・・・。。



    スポンサーリンク





    ●感想●




    いちゃいちゃ・ぬがせごっこからのお風呂・・・って展開にもかかわらず、、



    ”なんでだろう やっとこうなって うれしくてたまらないのに 相変らず俺は 泣きそうだった”



    って八日堂のモノローグで締めくくられる 何とも言えないこの気持ち。。



    まあ、「この週末だけは俺のもの」になっても、、月曜の朝が来れば・・・だもんねえ。。



    ・・・もし丸悦が栖佑の立場だったら、「本心」聞かれても八日堂のためにウソ貫き通したんだろうなぁ。




    スポンサーリンク





    好きだけど、これっきりで忘れろ・・・とか、やっぱり栖佑の方が女じゃ無くて男に思える。。



    ううーん。。



    そして巻末には 番外編「時間外手当③」収録。



    これはちょっと青年誌ならではな下ネタありw。



    大栄・栖佑らと話していた井瀬タンが「お尻」がどーのって相談をしてきたから、「無知な」丸悦は何でも無いかのような返事をしてしまったけれど・・・!?


    うそつきパラドクス 2

    うそつきパラドクス 2

    ⇒★うそつきパラドクス 無料立読み★



    ◆きづきあきら・サトウナンキ先生作品ネタバレ感想記事一覧 バター猫のパラドクス奈落の羊さよならハルメギドうそつきパラドクスボクはイケメン暁の明星(別館)



    この話は、あわあわする丸悦wとは対照的に、ラストで栖佑の(私の中での)株が、ちょっとだけ上がったお話でしたw。





    sponsored link

    関連記事


    にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ



    プロフィール

    叔父ゆなきゅ

    Author:叔父ゆなきゅ
    オススメ漫画の紹介を書いてます。全部でサイトが4つあるので見分けがつきやすいように名前をちょっと変えていますが、中の人は同じです。

    ▼▼姉妹サイト▼▼

    少女漫画メインの本館
    http://yuna9.com/

    TL漫画メインの別館
    http://yuna9a.com/

    BL漫画メインの3号館
    http://aniyuna9.blog.fc2.com/

    最新記事
    本館の青年漫画記事
    -楽天-
    ランキング
    ▼少年漫画ランキング▼

    ▼青年漫画ランキング▼
    題名/あいうえお順/0は下書中
    ★最新記事~全記事一覧★
    ★1冊丸々無料★
    ◆◆◆期限なし◆◆◆
    【第1話お試し読み】ボクはイケメン

    ヤングマガジン 2015年0号

    月刊ヤングマガジン 2015年0号

    ピアノの森 1巻

    *個人的に好きな青年漫画*
    ▼恋愛系▼
    うそつきパラドクス 1

    うそつきパラドクス 1

    バター猫のパラドクス 1

    バター猫のパラドクス 1

    クズの本懐 1巻

    クズの本懐 1巻

    ナイーヴ 完全版 1

    ナイーヴ 完全版 1

    ベイビーリーフ

    ベイビーリーフ

    Bバージン 1

    Bバージン 1

    ▼サラッとラブコメ系▼
    ああ探偵事務所 1

    ああ探偵事務所 1

    ▼冒険(?)・人間模様系▼
    ベルセルク 1

    ベルセルク 1

    自殺島 1

    自殺島 1

    3×3EYES 1巻

    3×3EYES 1巻

    ▼エ○グ○・怪奇謎解き系▼
    当て屋の椿 1

    当て屋の椿 1

    ▼ハラハラ系▼
    奈落の羊 1

    奈落の羊 1

    ▼閲覧注意だけど響く人には響くエ○&鬱屈衝撃泥沼系!?▼
    安達哲先生は「キラキラ!」(本館)なんかも好きだったんだけど(↑対照的な程に爽やかなものの)、電子化されてないんですよね(残念)。→ 電子化されました♪