2016-02-23(Tue)

    うそつきパラドクス/第1巻/第5話/感想・あらすじ・ネタバレ



    うそつきパラドクス/第1巻/第5話//感想・あらすじ・ネタバレ





    出だし意味深なシーンから始まったものの、ラーメンオタクな丸悦が連れて行った店はやっぱりなラーメン屋w。




    しかし、二人は意外にも同じ海外恋愛ドラマシリーズの大ファンである事が判明し、意気投合♪



    しかも、栖佑の恋愛事情聞きたさに八日堂がいくつか質問した言葉を、丸悦はどうやら勘違いしてしまった様子です。




    スポンサーリンク







    そして帰路、八日堂は丸悦の「(栖佑と彼氏は)離れててもちゃんと想い合って・・・」と言う言葉にヨレヨレだったけれど



    負けてたまるか



    と思い直し、栖佑を呼び出し。




    すると、八日堂は丸悦といたことを栖佑が妬いていると気づき、思わず顔がにやけそうになります。



    どころがそこに、「あの男」からの着信が・・・!?




    スポンサーリンク






    ●感想●



    やっと八日堂に少しだけ順風が吹いてきたかと思いきや(うっわぁ~~)。。




    でもそこで簡単に落ち込んだりあわあわせず、冷静な表情で



    ”・・・妬いて もらおうなんて  まだまだ 考えが 甘かったな”



    とか腹をくくってスイッチを切り替える八日堂の表情が、何気にそそるw(私だけだろうかw)。




    ただ、その後のお色気展開はこれまた青年誌ならではなんだろうけど(あれ、セーフなの!?w)、、



    想いを告げた後に「ただの嘘です」って言うくだりが、やっぱり切なくてよかったです。



    うそつきパラドクス 1

    うそつきパラドクス 1

    ⇒★うそつきパラドクス 無料立読み★



    ◆きづきあきら・サトウナンキ先生作品ネタバレ感想記事一覧 バター猫のパラドクス奈落の羊さよならハルメギドうそつきパラドクスボクはイケメン暁の明星(別館)



    (イヤでもやっぱりあの展開は・・・あり?・・・ありなの?ねえ?ブツブツw)。



    sponsored link

    関連記事


    にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ



    プロフィール

    叔父ゆなきゅ

    Author:叔父ゆなきゅ
    オススメ漫画の紹介を書いてます。全部でサイトが4つあるので見分けがつきやすいように名前をちょっと変えていますが、中の人は同じです。

    ▼▼姉妹サイト▼▼

    少女漫画メインの本館
    http://yuna9.com/

    TL漫画メインの別館
    http://yuna9a.com/

    BL漫画メインの3号館
    http://aniyuna9.blog.fc2.com/

    最新記事
    本館の青年漫画記事
    -楽天-
    ランキング
    ▼少年漫画ランキング▼

    ▼青年漫画ランキング▼
    題名/あいうえお順/0は下書中
    ★最新記事~全記事一覧★
    ★1冊丸々無料★
    ◆◆◆9/27まで◆◆◆
    ◆◆◆9/28まで◆◆◆
    さよならハルメギド 1



    【無料連載】
    ★奈落の羊
    ◆◆◆期限なし◆◆◆
    【第1話お試し読み】ボクはイケメン

    ヤングマガジン 2015年0号

    月刊ヤングマガジン 2015年0号

    ピアノの森 1巻

    *個人的に好きな青年漫画*
    ▼恋愛系▼
    うそつきパラドクス 1

    うそつきパラドクス 1

    バター猫のパラドクス 1

    バター猫のパラドクス 1

    クズの本懐 1巻

    クズの本懐 1巻

    ナイーヴ 完全版 1

    ナイーヴ 完全版 1

    ベイビーリーフ

    ベイビーリーフ

    Bバージン 1

    Bバージン 1

    ▼サラッとラブコメ系▼
    ああ探偵事務所 1

    ああ探偵事務所 1

    ▼冒険(?)・人間模様系▼
    ベルセルク 1

    ベルセルク 1

    自殺島 1

    自殺島 1

    3×3EYES 1巻

    3×3EYES 1巻

    ▼エ○グ○・怪奇謎解き系▼
    当て屋の椿 1

    当て屋の椿 1

    ▼ハラハラ系▼
    奈落の羊 1

    奈落の羊 1

    ▼閲覧注意だけど響く人には響くエ○&鬱屈衝撃泥沼系!?▼
    安達哲先生は「キラキラ!」(本館)なんかも好きだったんだけど(↑対照的な程に爽やかなものの)、電子化されてないんですよね(残念)。→ 電子化されました♪